男性機能を回復させる方法

男性機能回復させる方法!

男性機能

精力は年をとっても回復することが可能です。
精力が落ちてきた、勃起力が弱くなった、勃起しても長続きしない・・・
若い頃は元気な下半身をしていても、加齢とともに精力・勃起力は落ちてくるもの。
しかし、諦める必要はありません。
なぜなら、精力は血流を改善することで回復可能だからです。

 

精力とは勃起する力のことです。
勃起とはペニスへ血液が勢い良く流れ込むことで起きる現象です。
そのため、精力を上げるには血流を改善する必要があります。

 

精力を回復する方法は世の中に多くありますが、「血流を改善」して精力を回復する方法とは、ズバリ3つ。

  • ツボ押し
  • 食事
  • 精力剤

これら3つの精力回復方法をオススメ度ランキングとして紹介します。

 

 

精力回復方法オススメ度ランキング

精力剤

精力剤

項目 詳細
効果 7〜8割の人が効果を実感

(口コミ87件を調査)

効果がでるまで期間 平均して2〜3ヶ月
費用 5千円〜1万5千円
メリット ・高確率で精力回復が可能

・飲むだけ

デメリット ・効果は個人差がある

・費用がかかる

 

食事

食事

項目 詳細
効果 2〜3割の人が効果を実感
効果がでるまで期間 平均して半年〜1年
費用 1千円〜
メリット ・精力回復が可能

・精力回復以外の健康成分を摂取可能
・好みに合わせて摂取可能

デメリット ・食事の用意が面倒

・栄養学の勉強が必要
・量を食べないと効果が出ない

 

ツボ押し

ツボ押し

項目 詳細
効果 2〜3割の人が効果を実感
効果がでるまで期間 平均して半年〜1年
費用 無料
メリット ・いつでもどこでもできる

・無料でできる

デメリット ・ツボの場所が正確に分からない

・効果があるのか(効いているのか)不安になる
・ツボの勉強が必要

 

ランキングで紹介したこれら3つの精力回復方法は、改善できる症状と改善できない症状があります。

 <<< 改善できる症状 >>>

  • 昔は勃起した
  • 中折れ
  • 昔と比べると勃起しても柔らかい

などなど、これらの症状の人は3つの精力回復方法で改善可能です。

 <<< 改善できない症状 >>>

  • 昔から勃起しない
  • まったく勃起しない
  • 継続して実践できない人

などなど、これらの症状の人は3つの精力回復方法では改善できません。
なぜなら、精力剤や食事、ツボ押しは、以前元気に勃起していた精力を、血流を改善することで元に戻すための方法です。

 

昔から勃起しない人、全く勃起しない人には精力剤や食事、ツボ押しでは効果はありません。
病院やクリニックで相談してみましょう。
また、これら3つの方法は即効性がないため、継続してできない人にも効果がありません。

 

 

精力回復方法 ツボ押し

ツボ押し

精力回復方法で3位に入ったツボ押しを詳しく説明したいと思います。
ツボ押しのメリットは何と言っても無料でできること。
そして、時間、場所を選ばずに、いつでもどこでもできることでしょう。
しかし、デメリットとしてツボの場所を正確に把握するにはかなりの勉強が必要ですし、押す力加減、時間などかなりの熟練度も必要になります。

 

ただツボ押しは血流を改善できる部位が多く、覚えていても損はないものです。
そこで、オススメの精力回復ツボを3つご紹介しましょう。

労宮(ろうきゅう)

場所:手のひらの中央にあり、手を握った時、中指の先が当たる所にあります。(両手にあります)
効果:血液の循環が良くなり、精神を安定させる効果があります。

大赫(だいかく)

場所:おへそから指4本分下の所から左右に5ミリくらい離れた所にあります。(2箇所)
効果:陰部の血液が集まっている場所で男性ホルモンの分泌を促す

築賓(ちくひん)

場所:足のふくらはぎの内側、くるぶし膝の真ん中の所にあります。
効果:下半身の血流を改善して精力増強に効果があり、神経の緊張をほぐします。

もっと詳しく精力回復ツボについて知りたい方は「男性機能回復にはこの3つツボが効く!」のページをご覧ください。

 

 

精力回復方法 食事

食事

食事によって血流を改善し、精力を回復することも可能です。
食事のメリットは毎日の食生活を変えるだけでOKなところ。
しかしデメリットは、精力を回復する成分が含まれている食材を大量に食べなくてはいけないことにあります。
さらに、どの食材が精力回復に効果があるのか、それなりの勉強も必要です。

 

そこで、精力回復に効果のある食べ物を3つ紹介していきます。

ゴボウ

アルギニンの含有量が多いゴボウ。
100g当たり600mgも含まれています。
アルギニンは体内で一酸化窒素を生成し血管を拡張し、血流を改善することが出来ます。

ほうれん草

血液を生成するのに必要な鉄分が豊富なほうれん草。
鉄分不足だと貧血や立ちくらみを起こします。
鉄分を取って血液を多くすれば血流も改善できます。

ブルーベリー

若返り成分として有名なポリフェノールの含有量が多いブルーベリー。
特に抗酸化作用のあるアントシアニンが豊富な食べ物です。

もっと詳しく精力回復の食事について知りたい方は「3つの食べ物で勃起力と男性機能を回復させよう!」のページを見てください。

 

 

精力回復方法 精力剤

精力剤

精力回復オススメ度ランキングで1位の精力剤。
精力剤のメリットとしては、精力を回復させるために作られた商品のため、食事やツボ押しとは効果が違います。
また、食事と違い、何を食べようかと迷う必要がなく、準備も必要ありません。
ただ飲むだけでOK、これなら続けるのも簡単です。

 

デメリットはお金がかかること、種類が多すぎることです。
精力剤と一言で言ってもピンきりで、5千円くらいのものから1万5千円するものまであります。
相場としては1万円前後の商品に人気が集中しています。
また、種類が多いので何を選んだらいいのか迷っているうちに、購入を諦めた経験がある人も多いことでしょう。

 

そこで当サイトでは精力剤の選び方をまとめた「厳選精力剤TOP3!口コミと成分で選ぶ本当に効く精力剤はコレだ!」のページ用意しています。
参考にしてみてください。

 

また、私自身が精力剤を飲んだ体験談も載せています。
体験談は「クラチャイダムゴールドは本当に効く?体験談から効果を暴く!」のページをご覧ください。

 

 

勃起の仕組みを理解すれば精力回復の近道

勃起

最初に「精力は血流を改善することで回復可能」と言いました。
この理由について説明したいと思います。

 

そもそも精力とは勃起力(硬さ・持続時間)とイコールです。
勃起とは簡単に言うと、ペニスに血液が溜まった状態のことです。
勃起の仕組みは以下の通りです。

  1. 脳が性的興奮を感じる
  2. 全身の血液をペニスへ送るよう命令が出る
  3. ペニスへ集まった血液を海綿体細胞が吸収する
  4. 勃起する

海綿体細胞とはスポンジのような細胞で血液を吸うと膨張して大きくなります。
この膨張した状態が勃起という現象になります。

 

精力が落ちる、勃起力が低下する、というのは血流が悪くなる、ということです。
血流を悪くしてしまう要因は、脂っこい食事、睡眠不足、ストレス、運動不足、加齢などなど様々です。
ただ、逆に言えば、血流を改善することで精力がアップし、勃起力も上がるのです。

 

 

精力回復のまとめ

まとめ

紹介した3つの精力回復方法(精力剤、食事、ツボ押し)にはそれぞれメリット、デメリットがあります。

    デメリット

  • ツボ押し:知識がないと正しく押せているか分からない
  • 食事:精力回復するには大量の食事を摂らないといけない
  • 精力剤:お金がかかる

    メリット

  • ツボ押し:無料でできる
  • 食事:精力だけでなく健康にもなれる
  • 精力剤:ただ飲むだけでOK

最も効果がある方法は、「精力剤」+「ツボ押し」+「食事」の全てを実践することです。
食事を変える、ツボ押しを実践するのは面倒だという人は、精力剤をメインに、食生活を見直してみたり、たまにツボ押しする程度でもいいでしょう。

 

簡単に男性機能を回復させたいなら「厳選精力剤TOP3!口コミと成分で選ぶ本当に効く精力剤はコレだ!」のページを見てみてください。