ストレス ED

ストレスが溜まると3ヶ月でED確定

ストレス

ストレスが原因でEDになる理由

ストレスでEDになる原因も、血液と血流に関連しています。
人間が昔、狩りをしていた時にまで、話がさかのぼります。
狩りをする時、人間は恐怖心等からストレスを感じていました。
ストレスを感じることにより、あえて血流を抑えたのです。
その理由は、獲物から攻撃をされケガをした時、血流が悪いと血液の流出が抑えられたからです。
そうすることによって、怪我をしても失血死することを防いだのです。

 

狩りをしていた時の本能が現代人にも埋め込まれていて、現代社会では狩りはしていないものの、あらゆる場面でストレスを感じます。
そのため、つねに血流が悪い状態となっていることから、EDになってしまうのです。

 

ストレスの発散方法

とにかく、何でも良いので自分の趣味を持つことが大切です。
ゲーム、写真、運動、旅行、車等々、自分が没頭できるものなら何でも大丈夫です。
没頭している時は、ストレスから解放され、血液がスムーズに循環できるのです。
ですが、家庭や彼女を持っていた場合、こうは上手く行きません。
何かに没頭する時間を奪われてしまいます。

 

ストレスを発散できない場合

ベストな方法は、自分が没頭できることを見つけることです。
それが難しい場合、血流を改善する何かを実践するしかありません。
例えば、血流を改善する食べ物を食べるとかです。
辛いもの、精力がアップするもの等の多くは、血流を改善する成分が含まれています。
こういったものを考えて食べると少しずつ改善してくることもあります。

 

元EDだった私はこうやって解消

ストレスを発散するために自分が没頭できることも見つかりませんでした。
血流を改善するツボを調べて押しては見たものの、EDが改善する様子は見られませんでした。
精力が改善すると言った食べ物を食べましてが、効果が期待できる量を摂取するためには、すごい量を食べないといけないことを知りました。
そんな私がどうやってEDを改善したのか、体験談を書きましたので、よかったら読んでみて下さい。
>>>元EDだった私のED改善日記