3つの食べ物で勃起力と男性機能を回復させよう!

3つの食べ物で勃起力と男性機能を回復させよう!

食事

食事によって精力を回復することも可能です。
決め手は血流を改善する、血液をサラサラにする事ができる食べ物を食べること。
血流が良くなれば勃起力が上がり、精力も回復することが出来ます。
また、血流が良くなれば健康も向上します。
ただ、どんな食べ物が血流を良くして、血液をサラサラにするのか、それには栄養学の知識が必要になってきます。

 

そこで血流に良い、血液をサラサラにするための食材を3つ紹介していきましょう。

ゴボウ

ゴボウ

アルギニンの含有量が多いゴボウ。
100g当たり600mgも含まれています。
アルギニンは体内で一酸化窒素を生成し血管を拡張し、血流を改善することが出来ます。

ほうれん草

ほうれん草

血液を生成するのに必要な鉄分が豊富なほうれん草。
鉄分不足だと貧血や立ちくらみを起こします。
鉄分を取って血液を多くすれば血流も改善できます。

ブルーベリー

ブルーベリー

若返り成分として有名なポリフェノールの含有量が多いブルーベリー。
特に抗酸化作用のあるアントシアニンが豊富な食べ物です。

食事で精力を回復するメリットは、これらの食材をいつもの料理に加えるだけでOKな所。
しかし、料理経験のある人は良いですが、料理が苦手な人、全然料理なんてやったことのない人にはハードルが高いです。
そして、血流を改善するためには、ゴボウやほうれん草、ブルーベリーなどの食材を毎日欠かさず食べなければならないこと、1回の食事で相当量を食べなければならないデメリットもあります。
また、毎日食べたとしても効果が出るのは個人差がありますし、1ヶ月や2ヶ月で効果が出るかは不透明で、最低でも半年とか1年単位で挑まなければならいでしょう。

 

 

私の精力回復食事体験談

体験談

私自身、食事に精力アップ食材を加える事で、精力回復に挑戦した経緯があります。
ゴボウ、ほうれん草、ブルーベリーの3食材を、食事に加えてもらうよう妻に頼みました。

ほうれん草はおひたしや胡麻和えなどにして、ゴボウは味噌汁に入れるなどして食べていました。
ブルーベリーはブルーベリーのアメを舐めるようにしていました。

 

2〜3日はおいしく食べられていたんですが、4日目、1週間と続くとさすがに飽きてきました。
毎日並ぶほうれん草のおひたしやゴボウの味噌汁に「またコレか・・・」とつぶやいたら、それを聞き逃さなかった妻から「アンタがコレ食べたいって言ったんでしょ!」と雷を落とされてしまいました。
次の日からほうれん草・ゴボウの料理が消えたんですが、内心ホッとした所があって、それ以降も続けていくことが出来ませんでした。
やっぱり継続って難しいです。
結局、食事での精力回復は叶いませんでした。

 

諦めきれない私は精力剤を使うことを決意。
結果的に1〜2ヶ月で精力回復ができました。

 

 

食事での精力回復のまとめ

まとめ

食事で精力回復するにはゴボウやほうれん草、ブルーベリーといった血流に良い物を食べることが肝心です。
しかし、血流を改善する栄養素をたくさん摂ろうとすると、毎日の食事で摂取できる量というのは限られてきます。
逆に、精力剤などのサプリメントだと、血流を改善して精力を上げてくれる成分しか入っていないため、効率よく栄養素を摂取することが可能です。

特にクラチャイダムゴールドはゴボウの3倍のアルギニン、ほうれん草の19倍の鉄分、ブルーベリーの3.8倍のポリフェノールを含んでいます。

私自身の経験としても食事で毎日精力回復の食材を食べることは途中から飽きてしまいましたし、長く続けることは難しいと感じました。
しかし、精力剤であればカプセルを3〜6粒毎日飲むだけでOK。
これなら続けられると感じましたし、実際に続けられました。
その結果、中折していた私のペニスですが、中折れせず2回戦まで可能な身体になりました。
その様子については「クラチャイダムゴールドは本当に効く?体験談から効果を暴く!」のページを参照してください。
せっかく当サイトを見てもらっているので、体験談のページも見といたほうが良いと思いますよ。